mathichenの酔いどれ日記【Hatena版】

~midnight dribbler~(ウサギ畑でつかまえて)

叩けば誇りならぬ埃が出る身とならぬよう

暇潰しのYouTube散策で笑えるモノ:「LINEでのマウンティング」

【LINE】嘘の妊娠報告して略奪連絡してきたママ友「これで私は社長夫人w」→浮かれる勘違い女に“夫の真実”を伝えた時の反応がwww - YouTube

ちなみに、歩実役を受け持つメイさんの声は、悪役の時が神経逆撫でさせる意味で最凶w👇

【LINE】絶縁した妹が俺の部下に「無能で中卒の兄が上司とか笑わせんなw」→有能と勘違いしているDQN女が取引先で“ある事実”を伝えられた時の反応がwww - YouTube

1行にまとめると「男女いずれにしろ勘違い系が惨めな末路迎える話がオモロイ」

勘違い女の場合、例えば

「既婚のイケメンエリートを寝取って孕み、嫁に豪邸やタワマンから出て行けと上から目線で迫ったら

家は嫁が名義人で、夫は只の居候に近くて離婚されれば慰謝料支払い等で素寒貧の産廃

しかも夫が種無しを黙っていたので、誰のタネ孕んだやら自分自身不明な尻軽女の托卵目的がバレ

勘違い女自身も慰謝料支払い等の借金地獄あるいは完全監視下の昼夜問わない重労働が始まる」

勘違い男の場合

「社長の一人娘GETで逆玉に浮かれ、『俺が次期社長☆』と調子こいてたら

浮気や横領がバレる以外に、会社後継者は全くの第三者と知れ、後は勘違い女と同じ末路を辿る」

早い話、勧善懲悪が一服の清涼剤、頭と尻が軽過ぎる面々ザマーミロの意味ねw

 

 

 

 

 

略奪系動画コメント欄を見ると、しばしば、「他人のお下がりで喜ぶ神経がわからん」

円満でも泥沼でも既に離婚解決済みの相手とくっつくのでなく、隣の芝生は青いとばかり略奪だったら

相手は手垢付いた中古物件となるけど、それ略奪側にとって嬉しいん(・・?

ママ友の力量のおかげ様でイケメン高給取りとして輝いて見えていたのが

自分のモノになった途端、加齢臭漂う濡れ落ち葉亭主かも知れんしな

場合によっては、結婚成立後に本性を現し、相手の元配偶者から「引き取ってくれて有難うw」の事故物件じゃん

 

 

 

 

次に、男性には適用されない再婚禁止期間が、女の足を引っ張る可能性どうするん

昔、発言小町に、バツ1男性と結婚した初婚女性がトピを立てた

夫の円満離婚後に知り合っての結婚で、くっつき方はノー問題

夫が離婚から半年そこらで、前妻と住んでいた家に後妻を迎えたのが、後妻に居心地悪くさせていた

前妻が出来た女性で近所付き合いも良く評判高かった地域へ、半年そこらにして後妻が登場すれば?

近所は「ひょっとして、プリ子かよ(゜_゜>)」と疑う

死別した元奥さんにはいつまでも勝てませんか? - 死別した後... - Yahoo!知恵袋

亡き配偶者との良い思い出だけが残っている寡夫寡婦)との結婚も難しいけど

離婚者との結婚も、相手の状況次第で自分が不利になったりする

豪邸やタワマンが本当に略奪相手が所有する場合も同じよ

引っ越して来る側がプリ子(プリ男)ならば、針の筵の覚悟決める必須でしょね

 

 

 

 

あと、不倫する輩の再犯率東京スカイツリーより高い

再犯しなくても、略奪シタ側の余生に、心の平穏は訪れないと云われる

例えは不倫じゃないけど

スター女優の座をマーゴから略奪したイヴに、イヴから略奪を狙う第二のイヴが現ると書けばわかるかしらん

不倫略奪婚も、略奪対象の社会的地位が高ければ高いほど、虎視眈々と狙い、今嫁(今夫)に取って代わろうとする輩が現れよう

「順番違ったけど、真実の愛」「自分は前嫁と違って捨てられない」、🍮より甘く、脳内お花畑過ぎる

略奪シタから今嫁(今夫)に昇格したら、不安に苛まれ、枕を高くして寝られないものだ

実際、誇りを意味する1990年代のヒット曲について、ある人が「戦々恐々の心境で歌ってるはずやで」

離婚してねーけど、真実どうあれ、友人の夫を略奪シタには違いないプリ子だよね

しかも、狙う男性に対してでなく、相手を手中に収めた上でその配偶者である女性への相談女という厚顔無恥ぶりw

だもんで、ある人は

「彼女の経験値に基づき、自分がいつ略奪サレ側に転じるかの不安を押し隠しながら、己の行為の正当化と美化に必死の歌や」

わかるわかる、全アタシが17兆%同意するw

 

 

 

 

実の所、不倫を全否定する気は無いがね

誰が見たって不倫、しかしプリ子(プリ男)が自分との結婚を相手に迫ったりしない

オナゴの場合、正々堂々と「妾ですが、何か問題が(・・?」のタイプは理解可能だ

 

 

 

 

 

芸術の女神との邂逅 - mathichenの酔いどれ日記【Hatena版】

袖振り合うも多生の縁、そのまま縁結びすると他人の空似 - mathichenの酔いどれ日記【Hatena版】

 

 

 

 

ソプラノ歌手アニヤ・ソリヤと作曲家の孫ヴィーラント・ワーグナー

上画像は、バイロイト音楽祭での『さまよえるオランダ人

シリヤちゃんが19歳の時に受けたオーディションで、42歳のヴィーラントと出会った

「ワタクシは彼がワタクシの生涯で最も重要な人になりそうな気がしました」(シリヤちゃん)

「私が初めて彼女を聴いた時、私が彼女に教えられるものは何も無いということをその場で知った」(ヴィーラント)

んで、シリヤちゃんは1960年に弱冠20歳でバイロイト・デビューを飾り、1967年の『ワルキューレ』日本初初演でも題名役を歌い

祖父さん作品専門でなくバイロイト以外でも活躍したヴィーラント演出にも次々と起用された

お互い運命の相手に出会って一目惚れというコトでしょね

バイロイトには、ヴィーラントの嫁と子供達がいるため、ミュンヘンに愛の巣を構えもした

1967年の『ワルキューレ』日本初初演が、シリヤちゃんにとってバイロイト最後の理由:「前年秋に、ヴィーラントが亡くなった」

ヴィーラントは繊維腫という難病に冒され、シリヤちゃんの愛情に包まれ幸福そのものながらもまだ49歳で世を去った途端に

音楽祭の運営等に影響を考えてか、夫の発病前と存命中の間は静観していた嫁が、憎っくきドロボー猫への復讐劇に出たのさ

シリヤちゃんのミニスカ姿が、「男性出演者全員の気を散らす」との理由で、バイロイトから締め出しの刑を言い渡したんよ

嫉妬し続けていた嫁の気持ちもわかるけど

ヴィーラントとシリヤちゃんのいないバイロイトはもはや形骸に過ぎないという声まで上がったとなると

嫁が言わば王妃なのに、若く魅力的な小猫ちゃんにゃ勝てんを自覚していたから、苦し紛れに…しか見えんわ~

 

 

 

 

というのは、半世紀余り前の話

50. Todestag von Wieland Wagner: Kinder erinnern an Gründer von „Neu-Bayreuth“ - samt Seitenhieben: "Mein Vater, der Nazi?" - Bayreuth - Nordbayerischer Kurier

ヴィーラント五十回忌に招待されている

天敵の嫁も昇天済みだし、ヴィーラントの弟ヴォルフガング他の子供や孫ちゃん世代は構わないらしい

アタシ個人的には

mathichen.hatenablog.com

いくら祖父さんと祖母さんの不倫から始まる家系でもな

秘書と不倫し、息子と娘を怒らせ、離婚後とは言え孫年齢の娘・馬鹿利異名もといカタリーナをもうけたヴォルフガングよりゃ

ヴィーラント亡き後に子蟻離婚男と結婚して自身の実子は無いシリヤちゃんが潔いしw

 

 

 

 

ついでに

シリヤちゃんの1967年来日時、前年亡くなっていたヴィーラントについて質問された時

シリヤちゃんは全く臆さず「Mein Mann (私の夫)」と言い切った

ワーグナー師匠格によれば

「Mein Mann (私の夫)」「Meine Frau(私の妻」というドイツ語表現は、正式な婚姻関係より内縁関係がよく使うという

何故かは聞き忘れたけど、教会や役所が認めなくたって恥じゃない信頼関係を意味するんでしょとしてある

シリヤちゃんにとって天才ヴィーラントに愛されたことが「誇り」と、アタシゃ考えている

 

 

 

 

逆に、正妻の「誇り」を感じる例を挙げれば

 

 

 

 

ameblo.jp

mathichen.hatenablog.com

www.nikkan-gendai.com

三船敏郎 - Wikipedia

 

 

 

 

離婚裁判当時、法廷でのミフネは「男下げた」レベルで奥さんをボロカスに罵っていた

資料を見たら、離婚したい一心ちゅうたかて、コレは流石に書けんわの凄まじさ

いや、書こうと思えば書けるが、それは昭和基準を皆が承知している条件下の話であり

21世紀フェミの中でも頭湧いてる系のツイフェミが聞けば発狂する前に即死レベルよw

 

 

 

 

でも長ーい目で見れば、奥さんが死ぬまで離婚届にハンコ拒否してくれて救われたね

名俳優の父も経験した…三船美佳に“ドロ沼離婚騒動”の因縁|日刊ゲンダイDIGITAL

これのヤフコメ欄に

全く関係ないけど、この記事で知りました。三船美佳って愛人の子供だったんだ!

三船名乗ってたから、てっきり普通に三船夫婦の間に生まれた子供かと思ってました。

美佳ちゃん誕生当時を知る世代が、今現在50代後半以上

知らなくて当然がいるのは不思議じゃない

知る世代のコメントはと言えば

父子ではなく母子の間違いだろ・・・・

三船敏郎を放り出して施設に入れたのは、三船美佳の母親だろうが、

そして三船敏郎は本妻の元へ帰ったのだ。

三船の母親は三船敏郎の愛人だったが

晩年敏郎が認知症になると

ひどい捨て方をしてかなり評判が悪かった。

いかにも金が目当てで打算的で冷酷だったよ

離婚裁判までリアルに知らなくたって、 ミフネの晩年は知っている、

とにかくミフネは、1992年に心筋梗塞で倒れたのをきっかけに、愛人から関係を解消され

ミフネの看病を希望した奥さんの元に戻った

奥さんが先に亡くなったものの、尾羽打ち枯らした老亭主を受け入れてくれたから、干からびた孤独死を避けられたわけよ

美佳ちゃんは15歳で、ミフネの遺言によって初めてミフネの子として認知された

遺言が書かれた時期によるが、晩年は軽度のアルツハイマー認知症を発症していたと云われるので意思確認は出来ていた意味(・・?

夫婦どちらが先に逝こうと、自分の存命r中は奥さんの面子を守ってあげようとしたのか

「別に財産や慰謝料を多くもらいたいわけではない。妻としての意地です。『世界の三船の妻』という肩書は簡単に渡せない」

 誇り高い奥さんのためにね

 

 

 

 

「不倫カップルが屁理屈捏ねた所で、彼らの生殺与奪を決める者=正当な権利に守られる者」

という戒めね

つか、他人から略奪しなけりゃ何もGET出来ない者=自信まるで無し証明で一文の価値持すら無い者

選ぶより選ばれる身がプライスレスだっての

 

 

 

 

Hatena Blogの方々へ - 超時空なら…