mathichenの酔いどれ日記【Hatena版】

~midnight dribbler~(ウサギ畑でつかまえて)

慕わしき幻影に寄せる歌

更新意欲薄いんじゃなくて、ネタ思いつか~ん
仕方あるめえ、ウェブリ休憩所記事使い回しでお茶を濁そうっと
1988年2月18日の記憶による、2012年2月18日更新記事、それに加筆修正したYahoo!本館版ざます
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 

ルキノ・ヴィスコンティ監督の‘ベニスに死す’(1971年)
これをだね、26年前の今日、大阪の某名画座で観たのさ
雪がチラホラリ降る極寒の日だったなァ
 
 
 

この作品では何といっても、マーラー交響曲第5番第4楽章が有名ながらも
かくいうアタクシも、最初TVで観たこの映画で覚えたけど
よーく再見するとですな…

 
 
 
レハールの喜歌劇‘メリー・ウィドウ’より、♪ヴィリアの歌
ヴィリアという妖精に惚れちまった若い狩人の恋歌
ドヴォルザークの歌劇‘ルサルカ’より、♪月に寄せる歌
水の精ルサルカが人間の王子に惚れちまった恋歌
 
 
 

この2曲の片方を歌い出すと、いつの間にかもう1曲へ、本当困りますよというくらい似ているが
ま~レハールさんがドヴォ先生を尊敬していて、ドヴォ先生へのお答えします~ソング書いたとあっちゃあ…
 
 
 

‘ベニスに死す’、ヴィスコンティマーラーをモデルに描いたといわれる主人公
老作曲家アッシェンバッハがホテルでの初日の夕食前に、一目惚れしちゃった美少年タジオ登場場面において
宿泊客の集うサロンで、ホテルお抱え楽団が♪ヴィリアの歌を演奏していたのは
メリー・ウィドウ初演(1905年12月30日)から数年後が舞台と時代が近く
ジジィが美少年への浮かばれない想いを描いた映画に相応しいと
イタリア名門貴族の教養あふれる小倅にして、生涯に渡りバイセクシュアルであることをオープンにしており
アラン・ドロンとの関係の噂もあり、ヘルムート・バーガーに至っては、死後に自らを実質的な未亡人と称した
父ちゃんもバイセクシュアルであったという、監督の渾身の一作に深み持たせる選曲ちゃうんかい
 
 
 
 
全編(30分足らず)のVHS永久保存中
どお観たって、お稚児さん募集旅ガラス爺さんの風情だったもんな~っと
 
 
 
 
なお、♪ヴィリアの歌では、見つけた途端「ゲゲゲ~」となったYouTubeをば
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレン・ドーナト(Helen Donath、1940年7月10日生まれ)
旦那さんがドイツ人指揮者クラウス・ドーナトのため、ドイツ人歌手と思われがちだけど
ベルリンの壁崩壊後は旦那さん連れて帰国した、米国テキサス州出身の、旧姓アーウィン (Erwin)さんどすえ
 
 
 
 
昨夜、たまたま、英国から取り寄せてる‘Opera’誌を読んでたら
ドーナトが最近出演した舞台評と写真が載ってたのよ
73歳にしていまだ現役なのは、現代のトシヨリは若いモンより元気、よくある話だと不思議じゃないものの
56歳でのYouTube同様、経年劣化は当然見られるものの
Ageless、「アナタ、魔性、もとい、妖精ですか!?」の姿に、腰をぬかした次第
…48歳なら、まだまだ小便クサイ小娘だな、アレコレ修業足りんわと反省するべ~