mathichenの酔いどれ日記【Hatena版】

~midnight dribbler~(ウサギ畑でつかまえて)

敗者復活戦の用意あればこその弱肉強食

イメージ 1
 
 
【Jリーグ】元代表の広山らがアピール サッカーのトライアウト
2010.12.14 17:20

 日本プロサッカー選手会のトライアウトに参加した広山望=14日、大阪市長居陸上競技場 日本プロサッカー選手会は14日、大阪市長居陸上競技場で、戦力外通告を受けた選手を対象としたトライアウトを行い、各クラブの強化担当者やスカウトが見守る中、J2草津の元日本代表MF広山望(33)らが現役続行をアピールした。

 トライアウトは試合形式を中心に行われた。中盤でポジションを変えながら積極的にボールに絡んだ広山は「選択肢として現役があるなら、プレーしたい。サッカーが好きなので」と心境を話した。

 同選手会によると、この日は20歳から36歳までの47選手が参加。トライアウトは15日にも同競技場で行われる。

( 写真と文の出典先:MSN産経ニュース
 
 
老いも若きもハローワークへ押しかけるよのご時世を連想しました(怒られる)

~さっきネタ探ししていたら、Jリーグ選手の現役事情についての記事を見ました
毎年、130名の選手が加入する一方では、130名の選手がシーズン終了時に去るとか
6割は下部リーグへの移籍などでサッカー生活を続け、4割はサッカーとは別の世界へだそうです
後者タイプは、何年か前に見たTVニュースの特集の記憶によれば、相当厳しい就活事情と予想されます
平均の引退年齢は、20代半ば。若いながらも、職業訓練を受けず、これといって資格持たなければ?

現役時代から計画的に貯金、引退後は監督を目指して大学で勉強のある選手に言わせれば
「若い時、多くの選手は自分のキャリアが32、33歳で終わりを迎えるとは想像もしないんだ」~

最後の2行は、ドイツ人選手の言葉
ドイツは学校制度も影響して、サッカー選手の約9割が職業訓練や専門学校を終了しています
それでも、明暗は分かれるのですね
学校制度どっか変な、いまだ発展途上中のJリーグでは、さぞかし…

「選択肢として現役があるなら、プレーしたい。サッカーが好きなので」
33歳、それも日本人は、微妙あるいは潮時年齢ながら
ゼータク言わなければ現役続行の望み捨てるのは惜しい
似た境遇にある同年代や明日は我が身よ?若い衆へのためにも、合格するといいですね
 
本日ののアメブロ別荘記事使い回しです
(本日より一部変化の投稿画面見るため?さて?ハテ?)